Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/97-bc7803f1

トラックバック

コメント

[C38] 大きな自転車事故ニュース!

渡辺さんも7月頃、中国を走行とありましたが?
もらい事故に気をつけて下さい。
自分は安全と思うことは一番ですが。
今回の事故だって、相手もかわいそうと思うことかな?
一報では、「この時期暗闇を走行する自転車を発見するのが遅れたのでは?」と。あるが。
飲酒事実も無く、「現地の常識から自転車が走行するのが、事故誘引を招いたのでは?」と、新聞記事は書けないし。
本人は亡くなくなりましたが、相手の方は亡くなるまで悩まなければならない事と。
  • 2012-12-27 11:40
  • 7onb
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【カンボジアを走って】シェムリアップといったら?!

只今、バンコクに滞在中。

上海についで在住日本人の多いバンコクは
もうほとんど日本と同じと言っても過言はないw かな?

日本食にあふれているし、病院では日本語対応できるし、
本だって、漫画だって日本語のものが売っている。


インドビザ申請のため滞在していたがそろそろ。。。
年末はタイのどこかを走っているかな~。







さて、タイの前の国。カンボジアの観光都市シェムリアップ。
都市の規模も、人柄も、気候も、物価も。。。
すべてちょうどよかった!!

心地よすぎてビザが切れるギリギリまで長居してしまった
そんな場所でした。

122301.jpg
シェムリアップと言ったらアンコールワット!
宿の友達と早朝日の出を見に行ってきました。
3日券:40ドルを購入。

券売所は早朝から賑わってる。


122302.jpg
朝もやのアンコールワット。
快晴ではなかったけど神秘的・・・


122303.jpg
だけど、朝日を待つ人々の方が気になってしまった。。。
ものすごいカメラと人・人・人・・・


122304.jpg
途中から日の出待つのが面倒になって、
売店の客引きの子供達とあそび始める。

日本でもガチャガチャとかである吸盤型していて飛び跳ねるヤツ。
(この説明じゃわかんないと思いますが。。。)
が飛び跳ねると驚く!ってあそび。

なんかよくわかんないけど、キャーキャー盛り上がった。


122305.jpg
さんざん盛り上がった後にも、
ポストカードススメるところが、さすがです!

で、気がついた日が昇っていたので


122306.jpg
アンコールトム(ワットよりさらに奥)へ


122307.jpg
多少人も少なくていいかな。

でも早朝から活動していたので、眠くなって昼には宿へ帰った。





122308.jpg
シェムリアップには日本人宿が数件あるのだが、
一番ドミトリー(相部屋)の安かったヤマトゲストハウス(一泊2ドル:160円)へ

安いけど綺麗だし、別館だったので共有スペースも広く、人も少なく快適すぎる。
これは、沈没(安宿から抜けられなく現象)する気持ちがよーくわかる(笑)

また、スタッフもフレンドリーで彼らも泊まり込みなので、
夜な夜な日本語のレッスン。
富士山の写真を見せると喜んでいた。





シェムリアップ周辺は多数の遺跡があるのだが、
街から離れた場所にも人気の遺跡はある。

約60キロ離れた場所にある「ベンメリア」へ運動も兼ねて行ってきた。

この場所は基本、トゥクトゥクで行く。(約一時間半)
122309.jpg
カンボジアはフラットなのでとても走りやすい。
60キロとはいえ、3時間あれば充分着ける。


122310.jpg
町を抜け、みんなに「ハロー」と言われる感覚は久しぶり。
やっぱり自転車のってるのは楽しいな。




122314.jpg

122311.jpg

122313.jpg
人気のベンメリア。
大きな遺跡ではないが、植物に遺跡が飲みこ込まれている様は神秘的。


122312.jpg
歩いていると子供が寄ってきて
「ラピュタっぽい。ラピュタっぽい。」と連呼。

観光地名物の勝手にガイドの登場。
そして、最後にマネーマネーと言ってくる。

僕はゆっくり回りたかったので断ったが、
彼らはなに人か見極め、その人の喜びそうな言葉で風景を案内する。
非公式とはいえ、そうやって暮らしているのだろう。


122315.jpg
確かにベンメリアは評判通り神秘的な場所ではあったが、
その往復120キロの道のりの方が僕的には楽しかったかな~。



122317.jpg
そして、もう一つシェムリアップで行ってみたかった場所。
アキ・ラ地雷博物館

元ポルポト少年兵で現在は地雷撤去の活動をすすめているアキ・ラさんが個人的に始めた博物館。
スタートは個人的だったが、今では観光客も多く訪れるスポットとなっている。

122318.jpg
アキ・ラさん自身が少年兵として戦争に参加し、たくさんの地雷を埋めてきた経緯がある。

122319.jpg
こういった博物館を見ると前回も書いたように、
ポルポト政権はまだまだ過去のものではないことを痛感させられる。



こういった暗い過去の影響からかカンボジアは良くも悪くも「NPO・NGOの宝庫」と
言われるくらい外国からのNPO・NGOが多く存在する。



しかし、僕の出会ったNPOは一味違っていた。
宿が同じだったインターン中の大学生カイくんの紹介でかものはしプロジェクトの勉強会に参加させてもらった。
かものはしプロジェクトとは?

122316.jpg
そのカンボジアに根ざした一貫した活動もさることながら、
日本からのインターン生定期的に受け入れそのインターン生が
週に一度主導でNPOの運営やマーケティングなどの
それぞれの持ち味を生かした勉強会を開いていることに驚いた。


122321.jpg
海外に出て日本人が様々な場所で、様々に頑張ってる姿を実感として捉えられた。
また、一歩ペダルを踏む力をもらえた。
(代表の青木さんも写ってくださいました)


122320.jpg
そんなこんなで、二週間ちかくシェムリアップに滞在。
上にも書いたけど、本当に心地のいい空間だった。
でも、ビザが切れるので行かなくては。。。




122322.jpg
あー、さみしい。と思いつつ。
こんな風景が前に広がっていると、まだまだ走り続けられる!!

さあ、もうすぐ東南アジアの先進国、タイだ!!!




PS.アンコールワットはへ3回も行ったけど。。。
アンコールワットについて知りた人は別の人のブログを見てね!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/97-bc7803f1

トラックバック

コメント

[C38] 大きな自転車事故ニュース!

渡辺さんも7月頃、中国を走行とありましたが?
もらい事故に気をつけて下さい。
自分は安全と思うことは一番ですが。
今回の事故だって、相手もかわいそうと思うことかな?
一報では、「この時期暗闇を走行する自転車を発見するのが遅れたのでは?」と。あるが。
飲酒事実も無く、「現地の常識から自転車が走行するのが、事故誘引を招いたのでは?」と、新聞記事は書けないし。
本人は亡くなくなりましたが、相手の方は亡くなるまで悩まなければならない事と。
  • 2012-12-27 11:40
  • 7onb
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

遠藤 隼

Author:遠藤 隼
富士山の麓で子どもキャンプとエコツアーガイドとして活動。
自転車を使って『エコ』な旅をします。
プロフィールの詳細
日本環境教育フォーラム
紹介記事



☆2012年8月7日より 横断中☆

<下野新聞コラム>
ユーラシア横断自転車旅日記


<ネット中継授業>
栃木の小学生と世界を結ぶ


お問い合わせは
【0412jun●gmail.com】 
●を@へ変更してください。

旅のルート

応援をしてくださる企業

SOTO

montbell

olympus

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。