Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/90-25dc77b9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【カンボジアを走って】ラオス南部よりカンボジアへ

ラオスのシーパンドンはあまり観光地化されていない田舎ってイメージの島。
しかし、これまで田舎を走ってきた身としては、
半分位は電気もないド田舎だったしなー。って生意気な感想をもってしまう。

でも、ド田舎でも、田舎でも、都会でも変わらないのは
ラオスの方々はなんだかの~んびりしてる感じ。

の~んびりしてたらいつの間にか数日たってた。。。


110601.jpg

島の南端。もう川(メコン河)の向こうはカンボジア。
小舟で国境を超えられるなんて不思議な気分。
事実、十数年前までは陸路の国境越えはなく、船のみだったとか。。。


110602.jpg

近所の子供らが川流れ用のチューブで遊んでる。
カフェの店番はいなくなっちゃうし、ゆるーい。


110603.jpg

朝から外がうるさいと思ったら、家畜の豚の去勢手術をしていた。
前の職場でもヤギの去勢手術やってたみたいだけど、
間近で見るのは初めて、カミソリと水とお酒だけですべて行うところがすごいわ。


などと、ぶらぶら過ごしていたが、
やっぱり、自転車に乗りたくなったので船に乗って対岸へ戻ることにした。



110604.jpg
一緒に乗ってきたアメリカ人のバイク旅人はシーパンドンのもっと上流から
10個くらいの島を転々と渡し舟で渡りながらここまで来たらしい。

羨ましいー!!そんな上流から島々に渡れたのか~。
島でのんびりしているより、そっちのほうが面白そうだったなー。




…となんだかんだと、国道を南下していくとすぐに国境。


110605.jpg

すごい立派! と思ったらまだ建築中。






110606.jpg

こっちが只今営業中のラオスのイミグレ。
案の定、賄賂を請求してきた。。。

出国スタンプ20,000キープ:200円
「ほかの国境ではとられなかった!!」って言っても
「いや、みんな同じ値段だから」って言い張る。

面倒なので折れた。




110607.jpg

歩いて200mくらい。
こちらは、カンボジアのイミグレ。

まずは、健康チェック・検温(1ドル)。
「次はあちらでビザとってくださーい」

1ヶ月ビザ申請(25ドル)本当は20ドルだけど5ドルは賄賂だと思われる。
「終わったらゲートのところで入国スタンプもらってくださーい」

スタンプ(無料)
これだけ金払って、まだスタンプにも金取られるかと思った。。。

噂通り賄賂のはびこるカンボジア。
これまでの国ではなかったので初体験だった。





あと、心配していたのが
「カンボジアの飯まずいよー」噂を聞いていた。。。

自転車乗りは食事が一番の楽しみなのでマズイ飯は…勘弁して欲しい。


田舎道を走っていると一軒の店が。(北部には街道沿いにもあまり店がない)


「なんか食べさせて」と言うとライスを指差した。

おばちゃん「OK!OK!」

まさかライスだけじゃないよなー。と思ったら奥で何かを作り出す。


110608.jpg

出てきたのは炒め物!

これまでベトナムではフォーばかり、ラオスでは飯屋があまりない。
だから、中国のような炒め物&ライスは感激!!

味付けもまずくない!! ライスもうまいしおかわり自由。
だいたいどこも1~2ドル

※カンボジアの通貨はリエルだが、ドルも普通に使える。
 80円=1ドル=4000人リエル
 通貨は混ぜてつかえる。
 例えば5000リエル支払うならば 1ドルと1000リエルでOK。




110609.jpg

たらふく食ったあとのサイクリングは最高!
晴天の中地平線がどこまでも見える道を走っていく。




110610.jpg

国境より約70キロで最初の街。ストゥントレンに到着。
大きな橋を渡る。


ここでもまた驚いた!




やっ!屋台が出ている!! バンコクみたーい!!!

110612.jpg

110613.jpg

食べ物に溢れている活気あるこの町並み。
そして値段も安い。

110614.jpg

正直、カンボジアは貧しい国かと想像していたが。。。



むしろラオスを応援したい。
(知っているのは南部だけだけど)


がんばれ!ラオス!!
いつもはなうた歌ってる場合じゃないぞ!



110615.jpg

どこの国行ってもある風景。
「路肩で農作物を干す。」 ※これはたぶん芋

自転車で走っていると面白いけど、邪魔。




110616.jpg

過積載は良くみるけど、ここまでの大荷物は初めてみた。
本当に途上国の方々はバイクを酷使するよ。

バイクは日本製ばかりだと思ったら、
逆に日本製じゃないとバイクの寿命がもたないわけだ。




110617.jpg

バナナ1房2000リエル(40円)
緑色のバナナは自転車の後ろにつけて日に当てて完熟させながら食べる。






徐々に街に入ってきた。

110618.jpg


110619.jpg

夕暮れになると色々な人が行き交う。
水牛も子供もうちに帰る。





110620.jpg

メコン川の川幅もだいぶ広くなってきた。




110622.jpg

さあ、まもなくクラチェという街へ入る。
そこで海外青年協力隊の方と合流する予定。


旅人でなく街に住んでいる日本人に会えるのは初めて。

カンボジアも楽しくなってきた!!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/90-25dc77b9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

遠藤 隼

Author:遠藤 隼
富士山の麓で子どもキャンプとエコツアーガイドとして活動。
自転車を使って『エコ』な旅をします。
プロフィールの詳細
日本環境教育フォーラム
紹介記事



☆2012年8月7日より 横断中☆

<下野新聞コラム>
ユーラシア横断自転車旅日記


<ネット中継授業>
栃木の小学生と世界を結ぶ


お問い合わせは
【0412jun●gmail.com】 
●を@へ変更してください。

旅のルート

応援をしてくださる企業

SOTO

montbell

olympus

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。