Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/88-37a9f8bc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【ラオスを走って】ラオス南部の観光地めぐり

ラオスに入ってから晴天続き。
ちょうど乾季の入り始めらしく暑いくらいの日々が続いている。

ベトナムの中部は台風シーズンだったから、
天気がいいのは嬉しい限りです。


パークセーで泊まっていた宿
サバイディー2(WIFIは学校支援の募金100円すれば無料)

110201.jpg

自転車旅人としては広い共有スペースがあると洗濯や自転車のメンテナンスが
できるのでとてもありがたい。
ここはWIFIの回線も早いし、スタッフはいつもなぜか陽気に歌ってるし、
雰囲気がよかった。



1102map.jpg
パークセーを南下してカンボジアを目指す。
途中にいくつも観光地がある。普段観光地には寄らないがルート上なので行ってみることにした

パークセーより南に50キロ程度。
ラオスにある世界遺産2つ中の1つ「ワットプー遺跡」のあるチャムパーサック。


アンコールワットを作ったクメール人(カンボジア人)が作ったと言うので行ってみた。
110202.jpg


110203.jpg

まあ広い公園でした。(フエの王宮と同じ感想)

一番気に入ったのは山の中腹にある宮殿からみるラオスの景色。
自分が走ってきた場所・これから走っていく場所。

一望できるのは本当に気持ちがいい。

110205.jpg

110206.jpg


110204.jpg

まあ、遺跡関係ないけど。この景色を見るために入場料払ってもいいくらい気持ちがいい景色だった。


110207.jpg

中腹の王宮にはものすごく急な階段を登る。




110208.jpg

涼しくなる夕方には大人たちはみなスポーツを始める。
サッカーボールが飛んでいったので拾ってあげると、
みんなから拍手をもらった。

なんか気持ちがいい。


110209.jpg
徐々に日が暮れていく。宿に帰るか。。。



110210.jpg

翌日はメコン川を渡り対岸の国道で南下。
渡し舟のお兄さんが船に自転車を載せてくれたが、
「あと五分。あと五分」と言っていなくなってしまったので




110211.jpg

違う船に乗った。
自転車やバイクを乗せるにはこういうフラットな船の方が楽。
20,000キープ(200円)


110212.jpg
ひたすらまっすぐな国道を進む。
ラオスは山岳国なイメージがあるが南部は高原が少しあるくらいでほぼフラット。
自転車で走るなら南部をすすめる!!
(…と、ベトナムの自転車屋Gimが言っていた)


110214.jpg
ラオスの方々はかなり親切。
突然「水ください」と言って家に行っても歓迎してくれる。
(言葉わからないから正確には「水!」「水!」と連呼しているだけだけど)


110213.jpg

でも、単語だけでも盛り上がる。
「日本」とか「ありがとう」とか「歳いくつ?」とかだけでも言えれば十分。

「外国人がラオス語言ったぞ!!」 みたいなみんなのリアクションが楽しい。

最後には貴重な水を1.5Lもくれたし(笑)





そして、夕方ガソリンスタンドに行くと


「あー、ここ泊まっていいよ~」って言う。


110215.jpg

ラオスでの宿交渉率ほぼ100%。(警戒心なさすぎ…)


110216.jpg

ビール飲もうぜ!って誘われる。


110217.jpg

夕飯食おうぜ!って誘われる。


英語もほとんど通じずお決まりの会話しかできないのに。。。

これまでの国ないくらい親切(というか、ゆるい。。。)

110218.jpg

なんだか水とか朝食とかももらって翌日出発。


110219.jpg
観光地:シーパン・ドン(ラオス語で「4000の島」という意味)の島
デッド島への桟橋へ。

ここは西洋人ばかり。
でも、椅子で休憩していたらとなりで日本語をしゃべっている西洋人が。。。


110220.jpg

広島に住んでいる4歳。英語より日本語の方がうまかった。
渡れ際にお母さんと「ガンバレ!ガンバレ!」と応援してくれた


110221.jpg

デッド島へ30,000キープ
(300円:人15,000キープ・自転車15,000キープ)


距離は近いが中洲の島なのでメコン川を横切るために乗っている時間は20分くらい。


110222.jpg

デッド島が見えてきた!!


…と言っても何もない島。
あるのは宿・レストラン・ちいさい売店・民家・畑くらいか?

でも何にもないのがウリ。


110224.jpg

一番驚いたのが、とにかく宿が安い!!
一番安い宿で一泊20,000キープ(200円)
※パークセーでは40,000キープくらいだった。


これは滞在しやすいわ~。

110223.jpg

各部屋のテラスにはだいたいハンモックと机・椅子がある。
昼間はメコン川を眺めながらハンモックでのんびり~。

それがこの島のウリなんだろう。


でも、逆にご飯が高い!!
パークセーの1.5倍くらい(そんなに高くないか?!)

夕食が宿代より高いってのは複雑な心境なので、
生活道具一式を持っている僕は自炊をしました。


110225.jpg

110226.jpg

この日はパスタを茹でた。
パークセーで出会った諏訪くんにも手伝ってもらいました。


結論、意外に食材も高かった。。。。



ラオス南部の観光地。
といってもそこまで観光地化されているわけではなく。
ラオス特有のゆる~い空気が味わえるのが醍醐味だろう。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/88-37a9f8bc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

遠藤 隼

Author:遠藤 隼
富士山の麓で子どもキャンプとエコツアーガイドとして活動。
自転車を使って『エコ』な旅をします。
プロフィールの詳細
日本環境教育フォーラム
紹介記事



☆2012年8月7日より 横断中☆

<下野新聞コラム>
ユーラシア横断自転車旅日記


<ネット中継授業>
栃木の小学生と世界を結ぶ


お問い合わせは
【0412jun●gmail.com】 
●を@へ変更してください。

旅のルート

応援をしてくださる企業

SOTO

montbell

olympus

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。