Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/83-0bc89310

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【ベトナムを走って】ラオバオからラオスへ入国!!

なぜか、前回のブログの末で「ベトナム編」終わりのような書き方をしたけど、
まだ国境を越えていなかったw



世界遺産のある都市フエで数日を過ごしたけど、
自転車で旅をしている僕にとって「宿で定住する」=「休息日」
なので観光とかはないんだけど。。。


フエでしたこと。

101701.jpg
日本料理を食べてきた。
カツ丼(150,000ドン:600円)
宿代が一泊80,000ドンであることを考えると恐ろしい値段。

でも、都会でないと食べられないこの味に感動したよ!!
(もうフォーは飽きたし)

101702.jpg
デパートに行った。
どこに行っても鮮魚コーナーを見てしまうんだけど、
ここの鮮魚はかなり臭かった。。。きっと淡水魚が多いせいだろう


101703.jpg
温泉に行った。(60,000ドン:240円)
近くに温泉があるって言うので行ってみた。(水着着用)
硫黄の匂いに40度以上のお湯!まさに温泉!!
でもリゾートプールみたいに見えるけど。

フエでここが一番良かった!!お湯に浸かれるって本当に気持ちがいい


101704.jpg
あと、一応王宮(80,000ドン)
ただの広い公園。。。県立公園ってイメージ芝生は気持ちよかったけど


101705.jpg
数日滞在し、ビザの残りも少ないのでラオスとの国境ラオバオまで。
お世話になった日本人御用達の宿。毎日入れ替わりで日本人がやってくるw
フロントの方は日本語話せるし、日本人宿泊者多い。

こんなに日本人に会ったのは久しぶりだった~


101706.jpg
さて、AH1(国道1号)を50キロほど戻る。

走っていると路肩にお札が落ちているの見かける。
ドルだったり、ドンだったり、中国元だったり。。。
でも明らかに紙質がペラペラ。

どうやらこれは結婚式とかで使う偽札らしい。
金持ちになることを願う風習だろうか??


101707.jpg
中国国境から走ってきたAH1とお別れして、
ラオスへ伸びるAH16へ


101709.jpg
AH16に入ると徐々に上りが増えてきた。
それにつれて家の様子も変わってきた。
高床式の家ばかり


101710.jpg
みんな相変わらず元気です!


101711.jpg
そして本格的な登り!!
傾斜6%。。。

こんな道が長く続く。。。


101712.jpg
路肩に収穫されたタロイモ?らしきものが置いてあり、
それを回収する大型トラックが坂を上っている。
しかもかなりゆっくり・・・

トラックの荷台から出ているチェーンつかまって坂道を引っ張りあげてもらった。
怒られるかな~。と思ったけど、窓からグッドの指が出てきたので安心。

山頂にある街まで引っ張って行ってくれた。ありがと~


101713.jpg
ラオバオ国境より数キロ前の街だが、標高は600mほど。
なんだかベトナムっていうより、ラオスのような雰囲気の街だった

宿のとなりの市場にはなんでも揃っている。


101714.jpg
麺類もフォーより太麺でモチモチして食べごたえがある。
味付けも鶏塩味でネギが多め。けっこうクセになる!!

後で知ったけどカオ・ピャック・センというラオスの麺類らしい。

もうラオス間近!!


101715.jpg
ラオバオの街外れにある国境。
この門の手前に出国管理局がある。


101716.jpg
ラオス側の国境。
ベトナム側の国境付近には両替商のおばちゃんが
たくさんいてさかんに声かけしてきたのに、
(しかもお金をごまかしてくるらしい)
ラオス側には両替商がまったくいない。

やっぱりベトナム商人のお金への執着は。。。


ラオス側のATMで下ろせばいいかな~なんて楽観的に考えていたけど。
これが後後アダとなった(泣)


無事、3カ国目ラオス入国!!

そして、

楽しい思い出もたくさんあったけど、イラっとする思い出もできてしまったベトナム。
でも、ハノイのギム(自転車屋のおじさん)の家にはまた顔出さないと!!

2年後(旅行が終わった頃)には私の日本語はあなたの英語より上手くなってるわ!
って自転車屋のお手伝いのベトナム人に言われたし。

僕も英語しっかり勉強しよう。
ありがとうベトナム!

カムオン!シンチャオ!!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/83-0bc89310

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

遠藤 隼

Author:遠藤 隼
富士山の麓で子どもキャンプとエコツアーガイドとして活動。
自転車を使って『エコ』な旅をします。
プロフィールの詳細
日本環境教育フォーラム
紹介記事



☆2012年8月7日より 横断中☆

<下野新聞コラム>
ユーラシア横断自転車旅日記


<ネット中継授業>
栃木の小学生と世界を結ぶ


お問い合わせは
【0412jun●gmail.com】 
●を@へ変更してください。

旅のルート

応援をしてくださる企業

SOTO

montbell

olympus

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。