Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/75-3f69a0ea

トラックバック

コメント

[C26] ネットでフジ・テレビを見たよー!

何となく旅人遠藤氏ではないかと、今ブログを見たけれど確定だねー。

河原さんが暴行をえ受けたフジ・ニュースに同行者で写っていた、写真だ。

当方、19日お昼現在は、海南島・海口YHAです。

週末には、南寧市に向かいます。

デモ関係は深センで臨時閉店した電気街のデモ見学者を、規制する大量な警察官を見ました。

ここ海口市の量販電気店前に、「釣魚島は中国、小日本、日本人入店お断り?」の大型垂れ幕がある。

無理せず、何事も貴重な体験を!

当方も昨晩広州からの長沙発海南島行きの列車内では、硬座席に若者が多く12時間も無言でした。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【中国地震】中国へカムバック!被災地の一歩手前

被災地の近くの街
貴州 貴陽に無事たどり着いています。

ただし、広い中国被災地まではここからまだ電車で6時間近く。

でもベトナム ハノイから比べたらだいぶ近くまで来ました。

イロイロな報道が耳に入っているかと思いますが。。。
ひとまずハノイからここまでの経緯を


091901.jpg
これまで自転車旅だったので、持っていなかったバックパック(大型リュック)
をハノイの安宿街で購入。
ノースフェイス?にそっくりなバッグ(1500円くらい)

でも買ってから気がついた。。。
よく見るとショルダーの部分が左右対称じゃない。

まあ、偽物ってやつです。


091903.jpg
乗ってから気がついた寝台列車だった。
三段ドッドの一番下なので結構快適。
一番上の人は天井スレスレ、登るのも寝るのも大変だろう。


091902.jpg
途中、街の中で電車が急停車!

まさか?!人身事故?!

周りの人の言っていることがわからないので、人々の様子を見て状況を分析。。。


駅員は意外に普通。車内を行ったり来たりしてる。

外を見ると街の人が前方車両を指差して騒いでいる。でも、顔は笑っている。

なんだか、楽しいそう。


・・・・。 最悪のパターン。人身事故ではなさそうだ。


そのうち人々が口を押さえ始めた。


・・・・。わかった!!

エンジントラブルだ!外には煙も広がってきた。



ベトナムではたまにあることなのだろう、電車の速度は時速30キロくらいしかでないしね。


091904.jpg
無事、電車も動きベトナムの出国終了。
中国側の憑祥へ入ってきました。

ここで荷物チェックと車両の点検?のため駅構内で少し待機。
(ベトナムと中国では線路幅が違うので車両がかわる。と聞いていたがかわらず。)

ベトナム側での出国の際は寒い駅構内でパスポートを提出し、2~30分ほど待機させられたが、
中国の入国は電車内でパスポートの回収、返却もそれぞれのベッドまで駅員が持ってきて手渡ししてくれた。



091909.jpg
南寧に到着。
あー、中国だ!!って感じ。
看板の表記はなんとなくわかるし、来たことある街なので地理感もある。

両替をすませ、バスのチケットを購入。
出発は夜八時。まだ時間があるなー。

南寧で泊まっていたユースホステルへWIFI(インターネット回線)を使わせてもらいに行く。
僕のことを覚えていて中国人のスタッフとイロイロ話していた。

最後に、日本人気をつけなよ! と釘を押された。


091905.jpg
高速バス乗り場は南寧駅から約40分。
路線バスで2元(24円) やっぱり安いなーーー


091906.jpg
高速バスはお決まりの寝台。
一段目。窓際だったのでとっても快適。

でも、終始日本語は話さない。
電話をするときも人々からは離れて。
こんな密室では特に気を付けないといけない。


091907.jpg
親切な中国人のおばさんが出口がわからない僕を案内してくれた。
最後に「ところで何人?」と聞かれたので「日本人だ」と言ったけど特に問題はなかった。

やっぱり中国人は親切だ。そう思えた瞬間だった。


091908.jpg
その後、先に到着している日本人自転車旅人河原さんと合流し、
支援物資の運搬手段と被災地への行き方を検討中。


正直、やっぱり今、日本人は危険な状態にある。
河原さん自身も身の危険を感じるときがあった。

これからぼくらは被災地へ入る。
河原さんの集めた支援物資、中国人の友達たちからメッセージ。

被災地へ届けたい。

そして、できること「少し」でもいい。
身の丈にあったことを「する」。

自分たちのチカラ、協力してくださるみなさんのチカラで、
こんな想いが日本と中国の暗いニュースの中に小さな希望の光となることを願って。


では、行ってきます!!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/75-3f69a0ea

トラックバック

コメント

[C26] ネットでフジ・テレビを見たよー!

何となく旅人遠藤氏ではないかと、今ブログを見たけれど確定だねー。

河原さんが暴行をえ受けたフジ・ニュースに同行者で写っていた、写真だ。

当方、19日お昼現在は、海南島・海口YHAです。

週末には、南寧市に向かいます。

デモ関係は深センで臨時閉店した電気街のデモ見学者を、規制する大量な警察官を見ました。

ここ海口市の量販電気店前に、「釣魚島は中国、小日本、日本人入店お断り?」の大型垂れ幕がある。

無理せず、何事も貴重な体験を!

当方も昨晩広州からの長沙発海南島行きの列車内では、硬座席に若者が多く12時間も無言でした。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

遠藤 隼

Author:遠藤 隼
富士山の麓で子どもキャンプとエコツアーガイドとして活動。
自転車を使って『エコ』な旅をします。
プロフィールの詳細
日本環境教育フォーラム
紹介記事



☆2012年8月7日より 横断中☆

<下野新聞コラム>
ユーラシア横断自転車旅日記


<ネット中継授業>
栃木の小学生と世界を結ぶ


お問い合わせは
【0412jun●gmail.com】 
●を@へ変更してください。

旅のルート

応援をしてくださる企業

SOTO

montbell

olympus

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。