Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/50-fc0f7f11

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

日本を走って39日目【宮古・陸中海岸国立公園】

約6年ぶりに岩手県宮古市に着いた。
大学生時代にサークルのボランティア兼バイトのような活動で
夏休みの二週間『サブレンジャー』をさせていただいていた。
日本中の国立公園には環境省の職員自然保護官(レンジャー)が在籍しており、
そのレンジャーさんのお仕事を手伝う?サポートする?名目で活動するのが
サブレンジャーである。
ただ、いち学生が出来ることはたいしたことないので、地元のパークボランティアさん
のお手伝いなどや場所により休暇村スタッフとして勤務する場合もあるので
早朝観察会などを実施したりする。

僕が勤務していた宮古市は陸中海岸国立公園に位置し、
宮城~岩手北部までの長い三陸海岸いったいが国立公園に指定されている。
活動としてはこのなが~い海岸線を巡視(見回り)やごみ拾い。
早朝観察会・ナイトハイクなど。

まさに三陸の海と隣り合わせのこの場所そしてお世話になった方の
安否が気になっていた。。。


0625-1.jpg
やはり他の被災地とおなじ、ちょっと見ると市街地にはなんの変化もなさそう。
しかし、ちょっと港に近づくとこの有様。。。
海の近くは大きな被害となっていた。


0625-2.jpg
宮古にある自然保護官事務所。
僕が来た6年前はまだ少し工事の残る新築状態であったが、
もう築6年。残念ながらレンジャーさんは不在であった。

0625-3.jpg
すぐ向かいにある浄土ヶ浜ビジターセンター。
6年前にはまだなかった施設。
こちらの職員さんにお伺いしたところ、
リアス式海岸の影響でこの高台には津波は来なかったものの、港は大きな被害だったと。
しかし、宮古のでは行政の方への被害が少なく迅速な被害対応が出来たため、
二次被害は少なかったそうだ。

お世話になったパークボランティアさんもみな無事。今日も海岸清掃に行っていると。

パークボランティアさんのお名前は知っていたので、
震災直後にネットで安否を確認することはできた。。。
でも確認することが怖かった。。。

あまりにも急であったのでお会いすることは出来ないが、宮古市の状況と
お世話になったかたの安否が確認できてひとまず心は落ち着いた。

0625-4.jpg
震災以後、本当は宮古市へもっと早く行こう。出来ることがあれば行こう。と思っていた。
しかし、現実は仕事や別の場所での支援活動。

思うように動けなかった自分がいた。

ちょっと寄っただけ、声かけただけ、
でも、そんな胸のモヤモヤが『少し』とれた気がした。

0625-5.jpg
さあ、気を取り直して!
これからは怒涛のリアス式海岸三陸峠攻めの連続。

ビジターセンターの方にも海沿いに八戸まで行きたい。と言ったら。。。
止められた(笑)

自分をいじめたいなら行ってもいいんじゃない。とか(笑)

間もなく北海道。フィナーレにはちょうどいい。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/50-fc0f7f11

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

遠藤 隼

Author:遠藤 隼
富士山の麓で子どもキャンプとエコツアーガイドとして活動。
自転車を使って『エコ』な旅をします。
プロフィールの詳細
日本環境教育フォーラム
紹介記事



☆2012年8月7日より 横断中☆

<下野新聞コラム>
ユーラシア横断自転車旅日記


<ネット中継授業>
栃木の小学生と世界を結ぶ


お問い合わせは
【0412jun●gmail.com】 
●を@へ変更してください。

旅のルート

応援をしてくださる企業

SOTO

montbell

olympus

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。