Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/49-b75c2bb1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

日本を走って36~38日目【国道45号線で三陸海岸沿いを行く】

今回は津波被災地の写真です。


まだまだ復興どころか整地するのが精一杯の現状。

震災後、僕は前職のNPOでかかわりのあった福島県いわき市へ入りました。

正直、いわき市は津波の被害は「そこまで」大きくなく、
みなさんご存知のとおり『原発・放射能被害』の方が大きい場所でした。
そこで僕らは炊き出し・物資の輸送・ボランティア作業など支援を続け、
秋・春には子どもたちの外遊びを支援するために子どもキャンプを企画実施しました。

僕自身、地震被害=原発・放射能被害 であり、津波被害の恐ろしさを
実感できていなかった気がします。

震災後いわきを支援するに当たって
「津波被害の方には悪いけど、津波被害はリセットからスタートに切り替わり復興へ前進できる
でも原発・放射能被害はまだまだ終わっていない、現在進行形の被害だ。
だから、さらに大変なんだ。。。」と思っていた。

この数日被災地を見てそんな考えは間違いであることに気がついた。

原発被害も、津波被害も、現在進行形。
まだまだ、震災は終わってない。。。


0619-7.jpg
南三陸町。一年数ヶ月でも工事の車両でいっぱい。

0619-8.jpg
広島から自転車でボランティアに来たおじさん。手製のバッグで野宿しながらきたらしい。
約10日でたどり着いたそうです。。。タフだな

0619-9.jpg
おじさんとしゃべっていると千葉からのバイクの男性も合流。
この先もまだまだ津波の被災地がつづく。。。
おじさん「この風景がどこまでも続いているんで心が疲れてくる。。。」
そうつぶやいていた。

0619-10.jpg
気仙沼の道の駅。
学生のころヒッチハイクで通った場所だった。ここには大きな水槽があってマンボウがいたのに…


0619-12.jpg
その次の道の駅もこんな感じ。

0619-13.jpg
三陸の45号線が峠・町・峠・町の繰り返し。
トンネルが見えたらそれは峠のテッペンまで登った証拠。
くぐれば後は下るだけ。

0619-14.jpg
しかし、峠の先にはまた海沿いに町が広がっている。

0619-15.jpg
本来なら、広がっているはずの町も今では…


南三陸でおじさんが言っていた言葉が少しわかった。
自転車は体が疲れる、そして心も疲れる。
ダブルで疲れがたまった。

でも目当ての岩手県宮古市はまだ先、
そこで確かめたいことがある。

0619-16.jpg
宮古市の手前の山の中にある温泉でテントをはらせてもらった。
あしたは峠をくだって、宮古市にはいる。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/49-b75c2bb1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

遠藤 隼

Author:遠藤 隼
富士山の麓で子どもキャンプとエコツアーガイドとして活動。
自転車を使って『エコ』な旅をします。
プロフィールの詳細
日本環境教育フォーラム
紹介記事



☆2012年8月7日より 横断中☆

<下野新聞コラム>
ユーラシア横断自転車旅日記


<ネット中継授業>
栃木の小学生と世界を結ぶ


お問い合わせは
【0412jun●gmail.com】 
●を@へ変更してください。

旅のルート

応援をしてくださる企業

SOTO

montbell

olympus

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。