Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/44-a33f88ad

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

日本を走って25~27日目?【再出発・ついに箱根峠・テント事件・江ノ島・東京へ】

久しぶりに実家・栃木県宇都宮市に帰ってきました。

静岡に住んでいるときは静岡~栃木間って遠いな…
って思っていたけど、自転車乗るようになってから
逆に「近いな」って思うようになってきた。

車だと静岡~栃木は高速使って約5時間。
けっこう力んだままの五時間運転だから疲れる。一日仕事…。

でも、自転車みたいになんだか適当にのんびり走っていると。
日数は3日くらいかかるけど
「あー。もうついた。」くらいの気になる。

物理的移動距離は長いけど、心理的の移動距離はいかなり短い。


だって、栃木にいると「北海道ってすぐそこじゃん」って思えてくるから。

自転車旅って不思議。。。


と言いつつも、日にちがたてばいろいろあるもんで、
静岡再出発~箱根峠~テント事件~藤沢~東京の記録。


1.jpg
さて、静岡でのバカンスも終わり。再スタート。
いらない装備を吟味したらバッグ一個分くらい減ってしまった。
正直、今はフロントバッグいらないレベル。

2.jpg
ついに待ちに待った!箱根峠!!
近所にアフリカをヒッチハイクで横断した和尚さんがいるのだが、(しかも40年近く前…)
彼が「慣れると箱根峠楽勝になるから」って言っていたのに感化され、
日本海周りので行こうかと思っていた予定をこの峠のために太平洋まわりへと変更した。


3.jpg
ん~。楽勝ではないけど…。意外と行ける。
ただ、いくら登っても終わらない。。。

4.jpg
約2時間半。やっとゴール。
疲れた~。けどゆっくりと漕いで登れたので満足。
傾斜的には六甲山や倉羅峠の方が圧倒的に辛かった。


5.jpg
ザ・観光地って雰囲気。いつも思うけどこんな山の上に湖があるのって不思議。


6.jpg
やっぱり標高があるだけあってちょっと寒いのでもう下ります。
この看板見て知ったんだけど、箱根峠が一番高いわけじゃなかったんだね。

7.jpg
下りなんて一瞬。30分もあればもう小田原。この一瞬のために登ってるんだよ!
きっと…。

8.jpg
夕方なので某城跡公園に宿泊。
ちょっと天気が悪そうだったので、こんな屋根のある下へテントを張った。

大きい公園なんで警備員さんがきて聞かれたんだけど、
「目つぶるから一泊だけ。」と許可?された。これで安心と暗くなったので寝た。。。

すると10時ごろテントの外が騒がしい。この場所の主「家のない方」が帰ってきた。
警備員さんはなにも言ってなかったのに…
一応、僕のポリシーとして地元の人に迷惑かけたくないので、
「移動しますか?」と聞くと「いや、別にいい」って言うモンでそのまま寝る。
明け方、3時ごろ…。
そとでその方がキレだした!「なんだこれ。邪魔なんだ。寒いんだ。」
どーも聞いていると、寒くて寝られない。テントが目障りだと。。。
大声で騒いでいる。あー、なだめようかと外に出ようとしたとき声が近づいてきた。

「まあ、まあ、○○さんこの兄ちゃんは自転車で旅してるんだから、一日だけだから」と。
仲間が3名ほど登場。

この主の方にしてみたら屋根・ベンチは一等地。俺の場所に現れた謎のテント。
まあ、公共の場所とはいえ少しはイラッとくるのもわかる…かな?

そのまま、4名は別の寝床へ移動していった。

あまり考えなくテントを張った場所だったけど、雨も降ってなかったしどこでもよかった。
少し地元の方?に配慮して張るべきだったと反省。。。

ひとつ賢くなった!!

9.jpg
今日は海沿いを江ノ島へ向かって走る。

10.jpg
茅ヶ崎くらい。江ノ島が見えてきた!!もちろんサザンを口ずさんで(笑)

11.jpg
なつかしの鵠沼海岸。学生のときよく来たな~。
この日もビーチバレーしている人たくさんだった。

12.jpg
江ノ島のあとは藤沢市街地を抜け、もとバイト先「湘南台文化センター」へ行ってみた。
なかなか奇抜な建築。これがもう20年以上前に建てられたと思うとすごいな。
丸いのはプラネタリウム。

13.jpg
数年ぶりに職員さんに再会。一緒に自然観察のイベントしたり大学のとき大変お世話になった。


14.jpg
新型プラネタリウムも見学。いや~、いつも暗くなったら即寝てたから、
星空久しぶりに見たかも。

15.jpg
翌日、東京へ向かって出発。
学生のころなぜか「歩いて実家に帰ろう」と思いこの道を東京へ向かって歩いた。
渋谷まで徒歩で11時間。自転車なら4時間くらい。自転車楽すぎる

25.jpg
昼食は藤沢で泊めていただいた彼女のご両親が作ったおにぎり弁当。
東京に入った記念で神社でいただきました。
つくづくいろいろな人にサポートされていることを実感。

16.jpg
新宿に着いた記念に!パノラマ撮影だとこんな超高層ビルも撮れて便利だな~


と、いうことで東京着。
少し東京へ滞在。でも東京だと自転車のほうがずっと便利だ!

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/44-a33f88ad

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

遠藤 隼

Author:遠藤 隼
富士山の麓で子どもキャンプとエコツアーガイドとして活動。
自転車を使って『エコ』な旅をします。
プロフィールの詳細
日本環境教育フォーラム
紹介記事



☆2012年8月7日より 横断中☆

<下野新聞コラム>
ユーラシア横断自転車旅日記


<ネット中継授業>
栃木の小学生と世界を結ぶ


お問い合わせは
【0412jun●gmail.com】 
●を@へ変更してください。

旅のルート

応援をしてくださる企業

SOTO

montbell

olympus

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。