Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/27-951f7fc9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ユーラシア大陸を横断した二人。

ある日、ホールアース自然学校の主催イベントへ
SFCの若手社会企業家の皆さんがいらっしゃいました。
みなさん自ら起業し、工夫し、がんばっていらっしゃる方々で、
とても感動と勇気をもらえた出会いでした。。。
というのは、さておき、なんだかその場で皆さんが「俺は~やってる」
とか「こんな活動してる」とか言っているので、
うずいて「僕はこれからユーラシア大陸を自転車で横断したいと思っているんです」
と思わず言ってみたところ・・・
なんと旅人応援団体BADOの須子さんがいらっしゃいまして、
「今年ユーラシア大陸から帰ってくる二人を紹介する」と・・・

いや~。思ったことは言ってみるもんですね。そして言うと必ずリアクションがある。

こうやってCOCの二人と出会いました。
簡単に紹介するとCOCさん(横国の院生加藤さん&澤田さん)は一年間自転車で
ポルトガルから中国まで二人で横断してきました。
そのたびの中で現地の子供と日本の子供をつなぎたいと
約20センチの糸を子供たちへ結んでもらいそれを続けながら日本へと帰ってきました。
その糸長さ約1000メートル・約5000人

そんな旅の報告会へ行ってきましたという報告です。
(前振り長すぎてごめんなさい)


場所は恵比寿。参加者は約40名。
COCの二人は日本へ帰ってきて移動しながらの報告会はしてきたものの
しっかりした報告会ははじめてだそうです。

とにかく話したいことは多いので約3時間の報告会では
写真をみながらざっくりと。

とは言っても本当に山あり、谷あり・・・
食料が尽き、金が尽き、波乱万丈とはこのこと。。。
ざーっと聞いただけでも食い入ってしまいました。

しかし!!
僕としては「おもしれー」と食い入るだけでなく次はわが身。
聞きながらも少し緊張してました(笑)

この二人のまたすごいところは
スポンサーを20社近く集めているところ!!
とにかく行動力にものをいわせガンガン突き進んでいたところは
本当に感心を超えて感動。

やはり学生パワー恐るべし。

そして、報告会後の懇親会ではなかなか直接話せなかった加藤君に
突撃インタビュー。保険は?装備は?予算は?ビザは?予防接種は?
僕のほうもNPOとは。仕事とは。なんて調子こいだ話をしました。

一番感じたことは・・・

はやく俺も出発したい!

その一言。
聞けば聞くほどワクワクが蓄積します。

FxCam_1335071212115.jpg
右:社会企業家 BADOの須子さん 中:COCの二人(加藤君・澤田君)

P4226244.jpg


P4226236.jpg
旅で糸を結んでくれた現地の子供たち

P4226242.jpg
これが約5000人・1キロのつむいだ糸。現地の糸を使い、地域により色もちがう





スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/27-951f7fc9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

遠藤 隼

Author:遠藤 隼
富士山の麓で子どもキャンプとエコツアーガイドとして活動。
自転車を使って『エコ』な旅をします。
プロフィールの詳細
日本環境教育フォーラム
紹介記事



☆2012年8月7日より 横断中☆

<下野新聞コラム>
ユーラシア横断自転車旅日記


<ネット中継授業>
栃木の小学生と世界を結ぶ


お問い合わせは
【0412jun●gmail.com】 
●を@へ変更してください。

旅のルート

応援をしてくださる企業

SOTO

montbell

olympus

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。