Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/154-d8de9adb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【トルコを走って】ついにアジアが終わる

ブエノスアイレスはとても快適です。
天気もいいし、宿もいいし、肉がうまくて安いし。


あと少しだけ、休息してパタゴニアへ挑みたいと思います。


その間にブログを進めます。
やっとアジアの終わりトルコ イスタンブール到着編です。


P6280835.jpg
庭にテントをはらせてもらいましたが、
結局寒いから家の中で寝なよ。ってことでリビングでお世話になりました。


P6280838.jpg
翌日、早朝からバーベキューをしてくれた。
やっぱりトルコ人は客人をもてなすのが好きな様子だ。
本当にありがたい


P6280839.jpg
本当にお茶の好きなトルコ人。
その中でもこの器械は感動もの



P6280839-1.jpg
●特徴●
名前は不明
とてもコンパクト! 高さは50〜80センチくらい
近くに落ちてる小枝でお湯を沸かせる!
蛇口をひねればいつでもお湯が飲める!
(トルコ茶はお湯で割って飲む)
価格は1500円くらい!

燃料は薪ってのがアウトドアにはぴったりだと、
僕も日本のお土産に欲しかったんだけど、
観光地では売ってるのを見なかったなー。



アウトドアの仕事をしていたので感じることかもしれないが、
中東はピクニック(外でごはんを食べる)の機会が多いので
アウトドアクッキング道具が多い。
トルコに行く方はぜひお土産に勝って欲しい逸品です!



P6280852.jpg
おじさんもバーベキューを頑張る

P6280840.jpg
料理を作ってくれているその間に畑へ野菜をとりに

P6280842.jpg
ビニールハウスも手作り。

P6280844.jpg
キュウリやトマトをつくっていました。
採りたて野菜のサラダも朝食でたべた。

P6280846.jpg
隣には手作りの窯が!
もう最近は使ってないらしいけど、こういうのが家にあるのはいいね!


P6280851.jpg
牛達も畑の隣に。
彼らは牛乳を取るために飼ってるのかな?


P6280856.jpg
さて、準備ができてピクニックスタイルの朝食。
本当に外でたべるご飯はうまい!!

こういった決してお金はかかっていないのに生活に余裕のあるスタイルは幸せを感じる。
日本人もこうやって飯食えばいいのに。


P6280860.jpg
姉妹はブランコベンチで何やら話し合ってる。
たいていどこの家にも庭には木から紐をさげたブランコタイプの長椅子があるのもイイね!

P6280863.jpg
トルコの田んぼを見に行こう


P6280869.jpg
おじさんが日本の田んぼ(稲作)には稲が等間隔に植えられていることを知っていた。
トルコでは稲を植えるのでなく、種をばらまくだけ、らしい。

たまたま、日本の田んぼの写真を見せたら、
じゃあ、トルコの田んぼも見て行けってことのなった。

P6280868.jpg
この雑草のように生えている草が稲。
日本の田んぼとは大違いだ!!

なんて日本人て丁寧なんだろう。
どこの国も田んぼも稲がガチャグチャに生えていたな。



P6280872.jpg
お礼にお得意の「富士山写真」をプレゼント!

これまでも毎回、親切にしてくれた方には

レベル①「折り鶴」 
レベル②「富士山写真」

をプレゼントしてた。

この後、日本へ一時帰国する予定なので写真も多めにプレゼント。


P6280876.jpg
みんなありがとーーー

毎日そうだけど、突然の出会いでも、精一杯もてなしてくれるみんなに感謝。



P6280879.jpg
ついに黒海沿いの目的地サムスンに辿り着いた。
ここからイスタンブールへは内陸へ入らなくてならない。
内陸は結構アップダウンがすごいらしくて。。。


P6280881.jpg
そこで、バスを使うことに。


P6280887.jpg
トルコのバスは快適だと有名。
ターミナルも空港並みにりっぱだ。

P6280891.jpg
サムスン→イズミット(イスタンブール手前100キロ)
約1000円くらい。

自転車持ち込みに別料金とられるかと思ったが、セーフ。



P6290893.jpg
イスタンブールへ直接バスで行くことも出来たが、
アジア終了は自分の足で踏みたかったのでイスタンブール100キロ手前の
イズミットで降りた。


P6290903.jpg
イスタンブールに近づくにつれて街が大きくなっていく。
この数日後に日本へ約一ヶ月一時帰国する予定なので
自転車をどこかに保管しないと行けない。

知人を当たりトルコの知り合いなどをあたってもらったが、
途中であった自転車旅の知り合いの話では有名な自転車屋があるらしい。


P6300953.jpg
それがココ!
タルチョがたなびいてる!!

自転車旅専門の自転車屋!!
バッグも、自転車も、キャンプ道具も!
すべて旅仕様


P6300961.jpg
ここに保管して貰えれば安心だし、
ここからさきの自転車旅のルート情報や道具も購入できるので一石二鳥だ。


P6290907.jpg

P6290905.jpg

自転車旅をするとみんな感じることなんだろうなーー
ちょっと涙モノだ。


P6290913.jpg
日本へ帰国前に自転車を置かせてもらう約束をして、この日はひとまず。
アジアとヨーロッパの境目まで!


P6290924.jpg
約3リラ(150円)

この船で渡るとこれまで走ってきたアジアが終了。
ヨーロッパへ!!


P6290932.jpg
船にのること15分。
ヨーロッパが見えてきた!!


P6290941.jpg
ついに日本を出て約11ヶ月!!

アジア横断終了!
ヨーロッパ横断開始!!



ここまで来ましたよ〜〜
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/154-d8de9adb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

遠藤 隼

Author:遠藤 隼
富士山の麓で子どもキャンプとエコツアーガイドとして活動。
自転車を使って『エコ』な旅をします。
プロフィールの詳細
日本環境教育フォーラム
紹介記事



☆2012年8月7日より 横断中☆

<下野新聞コラム>
ユーラシア横断自転車旅日記


<ネット中継授業>
栃木の小学生と世界を結ぶ


お問い合わせは
【0412jun●gmail.com】 
●を@へ変更してください。

旅のルート

応援をしてくださる企業

SOTO

montbell

olympus

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。