Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/144-e7acac5b

トラックバック

コメント

[C53] 今晩は

ブログ面白いね。
今回もへぇーって思ったよ。

最近駄目だな、感動しました。
では
  • 2013-10-13 23:00
  • これきよ
  • URL
  • 編集

[C54] どーも

これさん>
なにに感動したの?
もう歳かな?
また焼き肉行こう
  • 2013-10-14 05:17
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【イランを走って】ありがとうイランさん

えーっと。
今はロンドンにいます。
雨のロンドンです。宿代がめちゃくちゃ高いロンドン。
気温も、財布も寒くて大変です。


イランとトルコの国境近く「タブリーズ」まできました。
しかし、相変わらず旅行者があまりいない。

と思ったら、アスファハーンで一緒だった
オランダ人のアニュシカが居たので一緒に公園などに行きました。

まあ、基本しゃべってただけだけど。
アニュシカが日本語ペラペラで助かった。

P6062274.jpg

P6062282.jpg

郊外にある岩をくりぬいた住居に住む村へ行った。
本当に岩の中に住んでいてびっくり!
そして、山岳部の湧き水の美味しさにびっくり!!


もうまもなくイランをでなければならない。

あんなに苦労して!
オマーンまで行って取ってきた一ヶ月イランビザ。

それがもうすぐ切れてしまう。



イランに入る前。
いろんな評判を聞いていた。


ムスリムはとても親切。
ゲイが多い。
ごはんの種類が少ない。
アジア人は馬鹿にされる。
暑い。

なんかマイナス評価が多い気がする。



んー。決してどれも間違ってはいなかった





しかし、総合的に見て僕の感想は。


「とてもよかった」


バカにされたこともあった。
水に飢えたこともあった。
ゲイには・・・あった。あまり関わらないようにしたけど。
あっ!石投げてきた子供もいたな!!


でも

それ以上に人々の優しさ、
親切心に心打たれた。





見返りを求めない、親切心。

自転車で走ってて、
決して【困ってる】わけではないけど。

困ってないか?なにか助けは必要か?

そんな声掛けをしてくるイラン人たち。


好奇心の塊インド人からもよく声はかけられたけど。。。
ちょっと意味は違ってた(笑)


P6062266.jpg



なんだかイランの大人と話をしていると
イランという国が外国からどう見られているか。

を、とても気にかけていた。
彼らは決して自分の国の政府が好きではない。
イラン革命を後悔している様子。
ホメイニ師には裏切られた!とぼやく。

熱心なムスリムから来る良心と
外国へのあこがれ(海外へ出ることも難しい)

彼らと係る中でそんな入り乱れた感情を感じた。


※逆に子供(高校生くらいまで)は外国人を馬鹿にする。
特にアジア人はみな中国人として、チンチャンチョンを連呼する。

たまに「日本人だ!!」ってこっちが返すと。

「まじかーーー」って顔になるのもなんかムカつく。

アジア人差別すんな!!



P6062268.jpg
↑さすが絨毯の国。絵画のような絨毯


正直、一ヶ月では足りない国。イラン。
ヨーロッパに来て「イランも行った」というとみんな驚く。
あぶなくなかったか?
ビザ取れるの?
治安はどう?


それがイランの「世界からの評価」


政府が改善されたらもっと見直される時が来るのだろうか?
イランの10年後(第二のイラン革命)に期待したい。


あと、イランとイラクって間違えやすいのも良くないよね



イランの皆さん。本当にお世話になりました
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/144-e7acac5b

トラックバック

コメント

[C53] 今晩は

ブログ面白いね。
今回もへぇーって思ったよ。

最近駄目だな、感動しました。
では
  • 2013-10-13 23:00
  • これきよ
  • URL
  • 編集

[C54] どーも

これさん>
なにに感動したの?
もう歳かな?
また焼き肉行こう
  • 2013-10-14 05:17
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

遠藤 隼

Author:遠藤 隼
富士山の麓で子どもキャンプとエコツアーガイドとして活動。
自転車を使って『エコ』な旅をします。
プロフィールの詳細
日本環境教育フォーラム
紹介記事



☆2012年8月7日より 横断中☆

<下野新聞コラム>
ユーラシア横断自転車旅日記


<ネット中継授業>
栃木の小学生と世界を結ぶ


お問い合わせは
【0412jun●gmail.com】 
●を@へ変更してください。

旅のルート

応援をしてくださる企業

SOTO

montbell

olympus

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。