Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/138-c4ba5f8a

トラックバック

コメント

[C51] こんにちは!

おぉーもうスイスですか。。速い。

というかもう再スタートされていたんですね!

頑張って追いつこうと思っていいたんですけど、無理ですね笑

僕は今カッパドキアです!

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【イランを走って】イロイロ驚きの連続、イラン

ご無沙汰しています。
東欧からスイスまでほぼノンストップで駆け抜けていたので滞りました。

なんせヨーロッパは物価が高いので宿泊が厳しくて。
でもその分、みなさん親切なのでテント泊が容易なため
まったくお金がかかりません。

面白いことに中東よりかかってないかも。。。
そんな中東 イランの話です。



P5161739.jpg

観光客はいないかとイラン南部の観光地、シーラーズの街を散策していたんですが。
まったくイラン人以外の人影なし。

ヨーロピアンさえいない。

シーラーズはガイドブックにも載ってる有名地だし。
他の方のブログを読んでも、けっこう人いる。
って書いてあるので期待してたんだけど。


この理由はこの先のもっと大きな観光地アスファハーンで知り合ったツーリストに聞いて納得した。

この時期(2013年5月〜6月)は

イラン政府にとっては、
イランの大統領選を控えた大切な時期。

だったらしい。



P5181742.jpg

外国人にとってその国の選挙は関係ない話だが、
諸外国との関係が怪しいイランでは
旅行者であっても外国人の存在は煩わしい。らしい。

僕がオマーンでイランビザを取得した2013年5月上旬までは
ギリギリセーフ。。。

その後の5月中旬あたりからビザの発行は中止され。
大使館や空港でのアライバルビザも中止されてしまっていたらしい。


よって、イランにいる現在(2013年5月下旬)あたりには観光客の数が激減していたのである。




イラン大使館でビザを取るためにワザワザ、オマーンまで飛んだ僕は
紙一重だったのである。

※このあとイラン出国後、イラン周辺の国(トルコ・アルメニア。グルジア)で
たくさんのイランビザ待ちの旅行者に出会ったのは言うまでもない。。。



確かに大統領選は国にとって一大イベントだろうが、
それで旅行者の締め出しを行うとは。。。
さすがイラン。




まあ、シーラーズにいるこの時点では、そんな国の事情もしらないので、
ダーレも会えないから次の都市へ向かうことにした。

シーラーズの郊外には有名な遺跡
ペルセポリスがある。

P5181790.jpg

P5181776.jpg

P5181766.jpg

P5181774.jpg

P5181769.jpg

あまり詳しいことは知らない。

昔ココに大きな都市があったらしい。

でも、一番の目的は。。。
ココに来れば旅行者がいるんじゃないかと思って。。。

イランに入って2週間ばかり。
英語の通じる人はまれにいるが、イラン人以外に会っていない。

この国に、旅行者は僕一人なんじゃないかと思うとなんだか心細くなってきたんです。


国内旅行の大好きなイラン人ばーっかりでした。
残念。






見終わったので。また、北へ進む。



イラン人はよく声をかけてきてくれる。
言葉も通じなくても、こんな田舎にくる外国人が珍しいのだろう。
P5181801.jpg



荒野が続くのでどこにテントをはろうか迷っていると。
暗くなってしまい、街に着いた。

逆に街の中でテントは目立ってしまうのではりずらいなと
レストランで飯を食べていると。
そこにいた兄さんがうちに泊まりに来い。
と言い出した。




やっぱりイラン人。家に招くの大好きなのだ。



P5181806.jpg

とにかく、イラン人はおしゃべりだ。
出会ったのが21:00過ぎ。

寝かせてくれたのは1:00を回っていた。


みんな大好き、日本の事
鉄板の自転車旅の事
イラン人定番話題、イランの政府について
そして、イラン人一番のお気に入り、アメリカ批判


とにかく尽きることなく
矢継ぎ早に質問とトークが繰り広げられる。

しかも、カトコトの英語で。。。
聞き取るのも理解するのもむずかしい。


P5191811.jpg

僕の方に手を回しているおっさん。
めちゃくちゃおもしろかった。
英語話せないのに、コミニュケーションとれないのに
笑いを取っているのがすごかった。

仕事はテント修理屋らしい。
そんな仕事は日本にない。と言っておいた。
車椅子のおじさんは弁護士だと。
P5191813.jpg

ありがとーーー。




パサルガダエという、ペルセポリスのような遺跡がまたあるらしい
興味ないが、みんな行った方がいい。というので

P5191815.jpg
昨日のペルセポリスも入場無料だった。

本当は500円くらい?かな

P5191820.jpg

P5191822.jpg


ペルセポリスよりはスカスカの遺跡群。
しかも広いので歩いて回るのは大変。
自転車で走り回った。

ここで、ついに中国人のおじさん集団に出会った。
やっぱり観光客いるんだーーー。



P5191831.jpg

少し元気がでた。
次の街へ走る。
けど、何もない。

P5191839.jpg

トラックが走るくらい。
何もない荒野がまたしばらく続く。



次の街エスファハーンまでは300キロくらい残っているのだが、
何もなくてつまらないのと。
道を走っていると横をバンバン長距離バスが通るので
乗りたくなってしまった。

しかも、バスは道上で手を上げて止めるだけらしい。
どこでも乗れるんじゃん。。。






ひとまず区切りのいい隣の小さな町まで走る。
すると、街の入り口ポリスが警察の駐車場にテント張って泊まっていいよ。
と言ってきた。

ラッキー。夕方まで街でぶらぶらして野宿をするために警察へ戻ると。。。

違う上司っぽい警官が。
ダメだ!!ホテルに泊まれ!!



あー。。。なんか面倒なことになりそうだな。。。
と思いつつも、指定されたホテルへ行って見ることに。


町の人に聞いて、ホテルに辿り着く。

閉まってるー。。。




まあ、野宿スポットはいくらでもあるので、
適当に郊外で野宿でもするかと走りだすと。。。


またパトカーがよってきた。



「パスポート見せろ」

「なに、宿を探しているのか。案内してやる」



怪しい予感。。。



さっきのホテルじゃーん!!


ココ閉まってるから違うところ行くよ。と言っても、
「ちょっと待ってろ。交渉してやる!」
と聞かない。


「いやいや、お金ないし、野宿できるから大丈夫。」
と言っても(たぶん英語は通じてない)






ホテルのおっさん。
「ダメダメ!」

僕も
「もう行かせてくれ。」

でも、警官は
「大丈夫。まかせろ」




意味がわからん。
結構!!って言ってるのに。。
ココに泊まれと押し付けてくる。



なかなか警官は開放してくれない。
無理やり立ち去ろうとすると、待て待て。と連呼。



最後は、折れたホテルのおじさんが、
「じゃあ、一泊 ○○○レアル」と言い。
僕が「高い。金ない。」と言って




交渉決裂。でようやく決着。




開放されたのは夜21:00過ぎ。

なんだか疲れた。
イラン人の押し付けがましい、親切?に。


P5201859.jpg


まあ、これまでの国ではいざとなったら、やっぱり頼りは警察(中国を除く)
でも、イランでは権力の強い警察と軍は関わらないほうがいい。

彼らの道理ですべてを押し付けられてしまうから。
いい勉強になったよ。

P5201873.jpg
翌日、朝から道に立っていたら普通にバスが止まった。

自転車と荷物を乗せて300キロ先のエスファハーンまで。
約5時間くらいだったが、800円ほど。

バスってホント楽だわー。


P5201880.jpg

ココには、

世界の半分がある。

と言われたエマーム広場をもつ。一大観光都市エスファハーン!!!



イラン人!どんだけ世界、狭いんだよ!!

少し、イランに疲れてたので暴言吐きました
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/138-c4ba5f8a

トラックバック

コメント

[C51] こんにちは!

おぉーもうスイスですか。。速い。

というかもう再スタートされていたんですね!

頑張って追いつこうと思っていいたんですけど、無理ですね笑

僕は今カッパドキアです!

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

遠藤 隼

Author:遠藤 隼
富士山の麓で子どもキャンプとエコツアーガイドとして活動。
自転車を使って『エコ』な旅をします。
プロフィールの詳細
日本環境教育フォーラム
紹介記事



☆2012年8月7日より 横断中☆

<下野新聞コラム>
ユーラシア横断自転車旅日記


<ネット中継授業>
栃木の小学生と世界を結ぶ


お問い合わせは
【0412jun●gmail.com】 
●を@へ変更してください。

旅のルート

応援をしてくださる企業

SOTO

montbell

olympus

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。