Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/118-2fc49960

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【インドを走って】インドに翻弄されてきた

20130310indiamap3.jpg

インドの中央部に横たわる山脈をバスで越え、北インドへ突入。

南インドにいるときから、ほかの旅人から「南と北は別の国」
との言葉をもらっていたので意気込んで出発!!

目標は一大観光地?! ガンジス河のある「バラナシ」




2013031254.jpg
バスで一気に移動してきたので、南に比べて朝夕は肌寒く感じる

畑には菜の花が咲き乱れ、まさにといった感じ。


南インドでは主要な国道を通ってきたのでトラックやバスが
バンバン走り回っていて危なかったが、
この道は県道レベルなのでのどか。

春の日差しが気持ちよくサイクリングにピッタリ



2013031256.jpg

北インドへ入って一日目の宿。


北インドは宿代が「安い」と聞いていた。


南インドでは一泊200ルピー程度(300円)


東南アジアでは200円~500円程度






この宿は。。。。






僕「こんにちはー。シングル、一泊、いくら??」


おやじ「しんぐる? わんないと? しっくす○×△○×。。。」


僕「は?? シックスハンドレッド?」
  
(外国人だと思ってぼったくってな。。。600ルピー(800円)とか言ってるよ。。。)







おやじ「のー、のー、  シックスティ(60)!!」




60ルピー(90円)だった。。。 衝撃の価格!!



でも、さすがに蚊が多かったのでテントをはりましたが。。。

2013031257.jpg

自転車で旅をしていると観光地以外で宿を探すことが多くなる。
ガイドブックに載ってない小さな街では、宿の看板が英語表記でないことがほとんど。

安宿はバスターミナルに必ず併設されている。
バスターミナルへいってそれっぽい(これはカン)建物に声をかけるのである。


ここは完全にインド人しか利用していないホテルだった。
(この街自体観光客いないけど)




2013031258.jpg

宿からバスターミナルをみる風景。

国土が大きいからかインド人は「移動」が大好き。

流通トラックの役目をバスがになっている様子で、
どんな小さな街にもバスターミナルは中心地に有り、夜遅くまで賑わっている。



2013031260.jpg

僕は地図をスマートフォンのグーグルマップに頼っている。
WIFIのある場所で地図を落とし、
GPSで現在地を確認する。


しかし、インドではマップ上に道があってもその道が走れるとは限らない。。。

ココは左に進んだ。舗装されているだけマシだ。





北インドに入って「民家」がかわった。

2013031268.jpg

2013031270.jpg

2013031276.jpg

北インドは夏は暑く(45度くらいになる)乾燥した地帯なので泥を固めた家が多い。

日本では見られない奇抜な形。
しかし、泥だから形が自由に作れるんだろう。

なんか地球じゃないみたい。





2013031262.jpg

インド人の大好きな「クリケット」
いたるところで試合をやっている。

・・・平日なのに。




2013031263.jpg

今日もまた「一緒に走ろう」とやってきた。

彼らの自転車はギアがついていないのに結構な速度でもついてくる。
ましてや二人乗り。


彼は英語が話せたので会話が出来て楽しかった。
からんでくるなら、ぜひ英語くらい喋れてほしいもんだ(笑)







しかし、逆の現象もよくある。









一人で走っていると。。。

後ろで気配がする。。。






2013031271.jpg

子供がぴったりついてくる。
おじさんがぴったりついてくることも多々ある。
(一定の距離をたもっている)


P2127624.jpg

彼らはとくに話しかけるわけでもなく、追い越すわけでもなく。。。

ずーっと黙ってついてくる。


偶然かと思って、時速30キロ(普通は20キロ)にあげてみても。。。

同じ速度でピッタリついてくるから不思議???
(減速しても一緒に減速する。でも止まると追い越して行っちゃう)



特に悪さをするわけではない。
僕を「見ている・観察している」ワケでもない。


方向が同じだからついてくるのだけど、速度を同じ保ってくる。
目的地についたらいつの間にかいなくなる。。。


最初は後ろに隠れて風よけにしているのか?と思ったけど違うみたい。
(それくらい、こっちに興味があるように見えない)
こんなことが一日、2~3回あるんです。

このインド人の習性の理由、知っている人いませんか??


何人かの自転車旅行者も同じ現象に会っている。
未だに謎だ。。。










でも、とにかくインド人は基本的にはみんなからんでくる。

ちょっと休憩。と思って売店でジュースでも買おうものなら。。。


数分でこんな感じ。↓

2013031267.jpg

好奇心旺盛なのはわかるけど。
静かに座らせてくれよ!!ヽ(`Д´)ノ







だから、
休憩したいときは、売店でサッとサモサとジュースを買ってまた移動。


人気の少ないところで腰をおろす。


2013031264.jpg



でも、10分もすると。。。









2013031277.jpg

見てください。僕のこの疲れた作り笑いを↑



しまいには、こいつ(写真を撮ってくれた人)
「デジカメくれ!」って言ってきたからね。



なんで、出会った奴にいきなりデジカメあげなくちゃいけないのか!!!



よくわかりませんが、彼は「何でくれないんだ!」と言い続け、
一緒に写っているサングラスのおじさんになだめられながら帰って行きました。






実はこの辺から、インドに疲れてきました(ノД`)








でも、もちろんいいこともたくさんありますよ♪


2013031265.jpg

この日はいつもお世話になっている「インディアナ オイル」さんへ

インディアナ オイルさんはインド全土にあり、スタッフのみなさん気さく。

芝生も広いし、夜もスタッフ泊まり込みなので、テント泊にもってこい!!



ぜひ、インドでキャンプする際にはご利用ください。




2013031266.jpg

やっぱり、こういう場所の醍醐味は夜の時間。
みんな暇だから夜はチャイ飲みながらおしゃべり。


近所の子供たちも集まる。
写真撮って!って言うくせに 緊張してる(笑)








インドで良く見る風景。

インドの街道レストランに必ずあるベッド兼イス。
(床に座って食事をとるのでこのベッドの上に板を置いてベッドの上で飯を食っている)


2013031272.jpg

2013031275.jpg

このベッドがよくできてんだよ。
麻紐みたいのを編んで作っている。



2013031274.jpg

結構丈夫で夜には従業員のベッドになる



2013031273.jpg

日本に帰ったらぜひ作ってみたい一品です。
ハンモックより快適に寝られるよ。




いよいよ、インドに疲れてきた兆しが見えていました。

体力のあるうちは面白がれるけど。。。
疲れてくると。。。 ねぇ。。。

これが北インドの実力なのかもしれないな。







スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/118-2fc49960

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

遠藤 隼

Author:遠藤 隼
富士山の麓で子どもキャンプとエコツアーガイドとして活動。
自転車を使って『エコ』な旅をします。
プロフィールの詳細
日本環境教育フォーラム
紹介記事



☆2012年8月7日より 横断中☆

<下野新聞コラム>
ユーラシア横断自転車旅日記


<ネット中継授業>
栃木の小学生と世界を結ぶ


お問い合わせは
【0412jun●gmail.com】 
●を@へ変更してください。

旅のルート

応援をしてくださる企業

SOTO

montbell

olympus

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。