Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/117-6767573c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【インドを走って】インドは僕を飽きされてくれません。

ご無沙汰しております。

約一ヶ月のエベレストトレッキングから無事帰ってきたので
インドの続きを書きたいと思います。
トレッキングへ行ってきての感想。。。

やっぱり、ネパール!最高!!!



別にインドが。。。って訳じゃないですよ。




20130310indiamap3.jpg

さて、インドの続き
観光のまちアウランガーバードを目指して走り続ける。



この日は街道沿いのレストランへテント泊。
インドでのゲリラ野宿(隠れてのテント泊)は結構危ない。

空き地はいくらでもあるのだが、インド人はどこにでも出没する。
特に朝夕は空き地でトイレをするもんだから。。。
※基本インドの田舎には家にトイレがない。



2013031229_20130416161651.jpg

大体レストランに一人は英語のわかる兄ちゃんがいる。
その人を通訳に盛り上がれば良い。


。。。というか、通訳なくてもお酒を飲むと盛り上がる。
多分、5単語くらいしか理解してないのに大盛り上りしている。
それが楽しい。


2013031230.jpg
↑彼は近所の子供ではありません。従業員。

レストランには子供も多く働いている。
家族経営かと聞くと。そうではないらしい。バイトに来ているらしい。

やたら自転車に乗りたがる。





2013031231.jpg
インドでは人物の写真撮影が難しい。
みんな「撮って、撮って」というがすぐすまし顔のポーズをとってしまう。

みんなキメ顔ばかりするので、自然な笑顔の写真はかなり難しい。



とにかくインド人はフレンドリーだ
屋台で休んでいても、休ませてくれない。

屋台にはかならずコレがある。
2013031233.jpg

ジャレビーというお菓子。



2013031232.jpg

米粉と小麦粉を水に溶かし、油で揚げて、シロップ付にしたもの。
とにかく甘ったるい。。。


屋台の兄ちゃんは簡単にこれを作る。



ひとりのおっさんがお前やってみろ!と言ってきた。

レッツ、トライ!!







2013031234.jpg

む、難しい。。
布に穴があいていてそこから、少しずつ油に落ちるのだが、
同じペースで油に落ちない。。。





全然無理ですね。


2013031235.jpg



一同爆笑!!こういったインド人の遊び心は好きだ。
。。。というか奴ら、一日中遊んでる気がするけど。





ってな感じでグダグダ走っていてが、アウランガーバードに着いた。




2013031236.jpg
インドではお酒は酒屋でしか売っていない。
しかも高いし、強い。普通で8%くらい。

あと、ポテトチップスまでカレー(マサラ)味。。。




アウランガーバードは大きな都市なのでデパートへ行ってきた。


外見は日本でも見るちょっとしたデパートっぽい。







。。。強盗にでもあったんですか???


2013031237.jpg



日本では考えられない斬新な陳列方法。(グチャグチャ)

品物はスカスカ。ほぼ在庫不足。


2013031238.jpg









そんなアウランガーバードにきた理由は
インド最大の遺跡を見に来るため。


ここからバスで30分くらいの場所にあるエローラへ。

岩をくりぬいて作った
ヒンドゥー・仏教などなどの仏像たち。



2013031241.jpg

2013031239.jpg


2013031240.jpg

2013031243.jpg

約一世紀かけて職人達が岩の彫刻を掘り上げたらしい。

インド人もこんな繊細なことできるんだー。
デパートはめちゃくちゃなのにねぇ。。。



2013031242.jpg






アウランガーバードより少し北は山脈が横たわっているため
自転車では大変だとベンガルールでルートを作ってくれた
Jishnuが言ってたのでバスでショートカット




2013031245.jpg

中国・タイでは大型荷物や自転車はバスの腹の部分のトランクへ入れたが、
ここでは屋根の上に。

落ないか不安。ロープでグルグル巻きに



2013031246.jpg

バス内は寝台。
アウランガーバード→インドール(約10時間)
一人:400ルピー 600円
自転車:300ルピー 450円





2013031247.jpg

無事インドール到着。
バスの上に乗っていた荷物類は乗客の荷物でなく
宅急便的なもののようだ。


バスターミナルでは荷物の発送・仕分けが行われている。



2013031248.jpg

なので僕の自転車も「手荷物」というよりは「宅配物」という扱い。
同じバスに乗るが人とは乗るタイミングが違う。











インドール→ジャンシーまでまたバス移動。
人:300ルピー 自転車:400ルピー (なぜか自転車の方が高い)


なんで安いのかと思ったら今夜のバスがかなりボロい。
昨夜と同じように深夜に走り続けるオンボロバス。




そろそろみんな寝ようかという10時頃。。。



突然。。。



バッーーーーーーン



と爆発音がした。


カーテンを開けてバス内を見ると真っ白。



なにが起きたのか。。。バスが減速していく。



2013031249.jpg




左後輪がバースト(パンク)して床をブチ抜いていた。





その上に座っていたおばちゃんが少し流血。
でもバスはゆっくり走り続ける。
2013031250.jpg



バスは真っ暗のなか10分ほどはしり街道沿いの修理屋へ。
タイヤ交換開始。


後輪は30分ほどで交換できたがバスがブッ壊れてるんですけど。。。

2013031251.jpg

気にせず走り出すバス。車内から高速回転しているタイヤ丸見えの状態で走る。
さすが、インド。。。


しかも走っている状態で車内から床を打ち付けている。。
あぶねーだろ。。。






そして一晩、何事もなかった様子で走り続けた。。。






2013031252.jpg
早朝。無事にバスから降りられた。。。
自転車よりバスの方が怖いね。インド。






ついに悪名高い北インドへ。






2013031253.jpg
ひとまずカレーはうまい。
南ではただのマメスープだった「ダール」が
カレーのポジションになった気がする。

チャパティー(薄いパン)がとにかくうまい。


なんとかやって行けそうだ。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/117-6767573c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

遠藤 隼

Author:遠藤 隼
富士山の麓で子どもキャンプとエコツアーガイドとして活動。
自転車を使って『エコ』な旅をします。
プロフィールの詳細
日本環境教育フォーラム
紹介記事



☆2012年8月7日より 横断中☆

<下野新聞コラム>
ユーラシア横断自転車旅日記


<ネット中継授業>
栃木の小学生と世界を結ぶ


お問い合わせは
【0412jun●gmail.com】 
●を@へ変更してください。

旅のルート

応援をしてくださる企業

SOTO

montbell

olympus

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。