Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/104-f18b42ed

トラックバック

コメント

[C39] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【タイを走って】ミャンマー国境沿いの道&ひたすら峠・峠・峠

大晦日・正月を過ごしたミャンマー(ビルマ)との国境の街
メーソートに別れを告げる時がきた。

この街はミャンマー側の独特の文化が入ってきて、
観光客も少なく、なにより宿の兄ちゃんと仲良くなったので
とっても過ごしやすかった。

でも進まなくてはいけない!!
※1月10日にバンコクよりフライトするので



2013011701.jpg
この兄ちゃんがこの宿の仕事(バイト)を始めたのが、
僕がチェックインした日とほぼ同じなので、わからないことが多いらしく
なんでも僕に聞いてくる。

何時に門閉めるのか? 電気は何時に消すか? 

いや、知らんてww



2013011702.jpg
メーソートのバスターミナルからメーサリアンへは
ソンテオ(乗合トラック)で移動。
なぜなら峠が激しすぎるから。。。



2013011703.jpg
自転車乗せられるか心配だったけど、屋根に縛り付けた。
一人200バーツ:自転車100バーツ
(交渉次第でも値段はどうにでもなるけどw)


2013011704.jpg
最初は3人だけだったけど、途中からドンドン乗ってくる。
明らかに出で立ちがタイ人ではない。
ミャンマーからの難民たちだ


2013011705.jpg
子犬を3びき抱えた子供。
みんながタイ語で話しかけても反応しないので、多分言葉がわからないのだろう。
少数民族は独自の言語を使う。


2013011706.jpg
小さい子は外が見たい。
ずーっとへばりついてる。


2013011707.jpg
しばらく走るとミャンマー(ビルマ)からの難民キャンプの横を通過する。
乗っていたみなさんも降りてゆく。



所々に検問がありパスポートチェックをされる。
世界最強の日本人パスポートなので余裕。



しかし、お金を挟んでいる方々を見ると心が痛む。


2013011708.jpg
タイとミャンマー(ビルマ)の国境沿いを走るこの道には、
たくさんの難民キャンプがあり人々が入れ替わり乗り込んでくる。


2013011709.jpg
ドンドン標高があがる。


2013011710.jpg
上がる上がる!!これは自転車じゃ無理だわーーー


2013011711.jpg
たまに休憩。
どこだココ???


2013011712.jpg
銃を突きつけるな!
場所が場所だけにシャレにならん(笑)


2013011713.jpg
いくつもの峠を越え、約6時間。
メーサリアン到着。

ちょっと車酔い。やっぱ自転車の方がいいや。








ふらついていると安宿街で声をかけられた。
日本語で。


あそこが一番安いよ。
荷物置いたら戻ってきて。とか言ってる。






2013011715.jpg
最近ツアー会社を始めたらしい。
約一年で独学で日本語を覚え、
ここに来る日本人旅行者にツアーを紹介してマージンで稼ぐんだって!
頭いいでしょ!!って自慢されたけど


ここ日本人来ないから!!!


まだ仕事始めて二人しか日本人見てないけど。。。なんで?

って聞かれても。


こんな何もない街に日本人は来ないよ。
遺跡とかないでしょ。
 

って説明したけど、
日本人と話したことはないらしく聞き取りは苦手みたい。


しかも、店に看板はない。店の名前もない
ホームページは?って聞いたら

フェイスブックのアドレス教えてくれた。




いや、それHPじゃないし・・・


一応、文章チェックと簡単な英語の日本語通訳はしてあげた。
この先やっていけるかは不明だけど。。。。




2013011714.jpg
近く寄った時は覗いてみて。
(メーサリアンのバスターミナル近くの[north west GH]向かい)



2013011716.jpg
翌日、出発しようとするとライダー発見。
どうも世界横断みたい。
バイクとか早そうでいいなーー。もう峠登るのやだなー。


2013011717.jpg
メーサリアンからタイ北部の大都市チェンマイまでは190キロ。
二日かなー??


2013011718.jpg
速攻登り開始。
やばい急すぎて全然こげない。。。


2013011719.jpg
霧が出てきた。前が見えない。


2013011720.jpg
霧を越えると後ろに雲海が。
でも先はまだまだ上りが続くのでもうギブアップ!!

またヒッチハイク開始。



トラックになっている(後ろに荷台がある)タイプを狙う。
っていうか、そんな車しかこない。

タイ人どんだけトラックタイプ好きなんだよ。


2013011721.jpg
すぐゲット!英語は通じなかったけど、全く気にせず載せてくれた。


2013011722.jpg
この車。
めっちゃ。。。速い。。。


ガンガン飛ばす。飛ばす。



2013011723.jpg
そして、峠の傾斜がすごい!!
これは昨日よりすごいわwww

ヒッチハイクしてよかった


でも、はっ、速すぎる。。。
爆風でコメディーみたいな口になる。
目が開けられないw


2013011724.jpg
なんかいつの間にか峠を登りきって降り始めた。
ドンドン下る。。。








でもスピード出すぎで運転席に「ここで降りる」アピール出来ない。









走りたかったいい雰囲気の山並みも一瞬にして通り過ぎる。
ドンドン都会に入っていく。






やっやばい!!
このままじゃチェンマイに着いてしまう。



せっかくの最後のタイツーリングなのに自力で走らずについてしまう。





街に入って信号で停った時にやっと下ろしてもらった。

でも、なんだかんだたくさん乗せてくれたので、
お礼をと思い、少しばかり気持ちを渡そうかとすると。
「イラナイ。イラナイ。」



本当にお世話になりましたm(_ _)m







どこだ??
かなり街まで来たみたいだ。


2013011725.jpg
残り50キロ。今昼時だから。。。
今日中に着いてしまう。

野宿はできないみたいだ。

ありがたいけど、、、複雑な気分。






2013011726.jpg
ここからは大都市の国道って感じ。
走りやすいけど味気ない

(贅沢言ってすみません)



2013011727.jpg
あーっと言う間にチェンマイの宿に到着。


予定よりかなり早く着いてしまったので少しここでのんびりしよう。


でも次はいよいよインド
そして、インドまでは初の飛行機だ!!


だって、飛行機のほうが、野宿より緊張するよ。。。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/104-f18b42ed

トラックバック

コメント

[C39] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

遠藤 隼

Author:遠藤 隼
富士山の麓で子どもキャンプとエコツアーガイドとして活動。
自転車を使って『エコ』な旅をします。
プロフィールの詳細
日本環境教育フォーラム
紹介記事



☆2012年8月7日より 横断中☆

<下野新聞コラム>
ユーラシア横断自転車旅日記


<ネット中継授業>
栃木の小学生と世界を結ぶ


お問い合わせは
【0412jun●gmail.com】 
●を@へ変更してください。

旅のルート

応援をしてくださる企業

SOTO

montbell

olympus

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。