Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/100-0e6e8ac3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【タイを走って】カンボジア国境から大都市バンコクへ

タイに入国して約一ヶ月。
バンコクは中国ぶりの先進的都市に驚いてる。。。

地下鉄あるし、デパートあるし、WIFI早いし。。。

でも、システマチックすぎるってのも考えものだ。
一番の欠点は「現地語を覚えなくなった。」
喋らないで買い物できるし、3人に一人は英語できるし。


とは言っても、過ごしやすいバンコクに入るまでの話。
大都会バンコクにいると安心するのは、
やっぱりなんだかんだ言って文明人なんだなーって思うよ(笑)




2013010201.jpg
シェムリアップを出発するとすぐに田舎の風景が広がる。
みなさん、バイクか、トラクターか、馬か。。。

ココでは馬は現役です。



2013010202.jpg
国境のポイペトまでは150キロあるので、約100キロ地点のシソポンで宿を探す。
いつも欲張って走り続けるので、日が高いうちに宿に入れると安心するなあ



2013010203.jpg
小さい町だったが、ゲストハウスは何件かある。
シェムリアップで一泊2ドル(160円)に泊まっていたので
探し回り一番安くて4ドル(320円)でさえ高く感じる。



2013010204.jpg
翌朝、国境目指してスタート。
みなさんバイクで出勤していきます。



2013010205.jpg
カンボジアの道沿いにはコレがものすごくたくさんある。

夜に蛍光灯で虫を集め、下の水へ落として殺すのだろう。と思うけど。
ものすごく水が臭い。
いつも畑のとなりにあるから、この水は肥料になるのだろうか?

なるとしたら、ものすごく画期的な気がする。
現代農業(農文協)とかで取り上げてもいいんじゃないか?!



2013010206.jpg
そんなこんなで、国境のポイペト。
カジノがあったり治安が悪いという噂だったけど、そんな感じはしない。



2013010207.jpg
カンボジア側のイミグレ。
噂ではものすごく待たされる!と聞いていたが、
まあ、20分ぐらい。

大したことないじゃーん。と拍子抜けしたら。。。


2013010208.jpg
カンボジアのイミグレを抜け、タイとの国境へ



2013010209.jpg
タイ側のイミグレ。。。
恐ろしい人数。これ本当に入国待ちなの?!?
(後ろにもたくさん人が続いている)

並んでも並んでも進まない。
約2時間待って建物の中へ。
約1時間待って入国スタンプをもらう。

噂以上だ。。。

前に一時的にタイへ入国した際は自転車は車と同じレーンで入国審査をしたので早かった。
ここではそれができなかった。


2013010210.jpg
タイ側からカンボジア側を見ると
カンボジアへ入国する車が左側通行から右側通行へ移動している。
(国境あたりで車がクロスする)

陸路の国境のない日本中国間では見られない現象。





2013010211.jpg
タイへ入ってまずはセブンイレブンへ!
うわー、売ってるもの違うけど、安心するわー



まずは、アユタヤを目指し(バンコクより約100キロ北側)走る。


2013010214.jpg
ハイウェーポリスにここに泊めて。と言うと快くOKしてくれた。

敷地内をここがいいか?ここがいいか?なんて場所探しをしていたけど、
ポリスたちがなぜか作っている小屋がちょうど良かったので
その中でテントを張った。

2013010212.jpg


2013010213.jpg
床板がまだ全部張られていないw


2013010215.jpg
ポリスと話しているとアユタヤはここから400キロもあるらしい。
あまりにも遠いので、方角変更タイの首都バンコクを目指す。



2013010216.jpg
国道沿いのいたるところで、小屋を売っている。
よく小屋で昼寝しているタイ人も見かける。

やっぱり暑いから。。。


2013010217.jpg
バンコクまで残り100キロ地点でガソリンスタンドの車庫へ
ここの方も親切だった。使われていない車庫だったけどブレーカー入れてくれたり。


2013010218.jpg
左側通行だし、道沿いにはイズスやエッソがあったり日本ソックリ。
タイは日本の弟みたい存在なのか。


2013010219.jpg
そして、ガソリンスタンドには食堂も併設。
道の駅さながら。。。
トイレも綺麗で言うことなし。

東南アジアはとは思えない便利さ!
なんでも売っていて、なんでも手に入る。
でも、、、
これまでの国に比べると店員とのやり取りの必要がなくなんか寂しい。


2013010220.jpg
バンコクを目前に乾季なのに雨が。
バス停がたくさんあって助かる。
交通量も増えたしスリップの危険があるので
特に雨の日は気をつけたい。


2013010221.jpg
雨もあがり車に阻まれながら都心部へ。
バンコク広すぎ、交通量多すぎ!
バイクは少ない。車社会。


2013010222.jpg
迷子になりながらなんとか安宿街のカオサンロードへ到着。
2年前飛行機でたどり着いたカオサンへ
今回は自転車で来られる日が来るとは思わなかった。

あの時はバンコクにビクビクしていたけど、
今はバンコクの大都会さに安心さえ覚える。


中国からここまでで少しは旅慣れしたのか?

中国から約6,000キロ。約4ヶ月。
ここバンコクにて東南アジア編終了。

地図上ではまだ1/4も行ってないけど
なんだか徐々に終わりが近づいてきている気がして少し寂しい。

いやーまだまだ、これから難関中東が待ってる!



次はミャンマー陸路で入れないので飛行機で南インドから再スタート。


・・・というわけで、
2013年もどうぞよろしくお願いします。

時間があれば東南アジア編まとめ。も書きたい。
時間があればね。。。

2013010223.jpg

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junjun0412.blog.fc2.com/tb.php/100-0e6e8ac3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

遠藤 隼

Author:遠藤 隼
富士山の麓で子どもキャンプとエコツアーガイドとして活動。
自転車を使って『エコ』な旅をします。
プロフィールの詳細
日本環境教育フォーラム
紹介記事



☆2012年8月7日より 横断中☆

<下野新聞コラム>
ユーラシア横断自転車旅日記


<ネット中継授業>
栃木の小学生と世界を結ぶ


お問い合わせは
【0412jun●gmail.com】 
●を@へ変更してください。

旅のルート

応援をしてくださる企業

SOTO

montbell

olympus

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。