Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【下野新聞コラム】ユーラシア横断自転車旅日記>> 23

下野新闻2014年8月25日掲载
20140818shimotsuke.jpg

自転車大国ドイツ・スイス・オランダなどとは違いイギリスは…
特に物価の恐ろしく高い観光地ロンドンでは土日は宿の値段が上がるんです。
前日予約で三段ベッドドミトリー、一泊6,000円。
カネがないとイギリスは楽しめないよ。そう友達に言われたとおりでした。

【下野新聞コラム】ユーラシア横断自転車旅日記>> 22

下野新闻2014年7月21日掲载
20140721shimotsuke.jpg

スイスの湖畔を走っている時に自転車乗ってるおじさんに「自転車で世界旅行中か?」
と聞かれた時は驚きました。
だって、大荷物だからといって自転車で世界旅行してるとは思わないでしょう…。
でも、中央ヨーロッパではそれだけ自転車旅行の認知度が高いのだな。
と納得しましたが。

【下野新聞コラム】ユーラシア横断自転車旅日記>> 20

下野新闻2014年5月26日掲载
20140526shimotsuke.jpg
イスラム圏ではたくさんのおもてなしを受けた。

この数ヶ月後にドイツでオリンピックが東京に決まったと聞かされたが、
世界の人々がイスラム教徒への誤解を解くためにも、イスタンブールでもよかったのじゃないかと思う。

「お・も・て・な・し」が得意なのは日本だけじゃないのだから。

【下野新聞コラム】ユーラシア横断自転車旅日記>> 19

下野新闻2014年4月21日掲载
20140421shimotsuke.jpg

はじめてのイスラム圏でしたが、予想以上の歓迎ぶりに感動しました。
しかし、一方で若者(大学生以下)からの「チーノ、チーノ(中国人)」攻撃にはうんざり。
大人と若者の外国人へ対する対応への違いにも驚いた国でもある。

【アルゼンチンを走って】ブエノスで南米攻略の準備

南米さいしょの国はアルゼンチン。

この旅ではユーラシア大陸横断が目的だったが、
まだ多少、時間とお金に余裕があるため南米へ飛んだ。

ヨーロッパから「アフリカ」と言う選択肢もあったが、
アフリカは意外に物価が高いらしいというコトと。
南米の自然のスケールの大きさを聞いたらいてもたってもいられなくなったのだ。



そして、アルゼンチンといったら!

000001_20140328034721dca.jpg
肉! 

000003.jpg
肉!!
(牛たんは、店でタンの塊のままで500円くらい。)


000004.jpg
肉!!!
(アルゼンチン名物 アサード BBQ)

000005.jpg
これまでのヨーロッパでの肉なし生活のうっぷんを晴らすかのように
牛肉を食いまくった!!

なんといっても、アルゼンチン本当に牛肉が安い。

ポテトチップを買うよりも、
オヤツに牛肉ステーキ250グラム食ったほうが安い。



000006.jpg
また、アルゼンチンの日本人宿 日本旅館さん では
客さんの要望により週一くらいで、アサードや手巻き寿司をやってくれる。

久々の生魚に感激

000007.jpg
また、町にはアイスクリーム屋も多い。

チャリダーってのは日々走っているので、
日頃からいつもお腹が空いている。

そして、走っていない休日(チャリダーにとっての休日はホステルに泊まっている日)
は体動かしていなくても毎日のながれでお腹がすいて、お赤が空いて。。。


食ってばかりはいられない。
大都市にいるうちにやらなければならないことがあった。

000008.jpg
親知らずの治療。

スペインあたりから痛みだし、正直一時帰国も考えた。
しかし、ここブエノスには日本語の(少し)通じる歯医者さんがあるのだ。

僕が自転車旅行者だと言うと、おじさんは喜んで治療費はいいよ。
と言ってくれた。
でも、バッチリ治療(抜歯はしなかった)してくれたので料金は払った。


おじさんも自転車をやるらしく、通勤に自転車を使っているらしいのだが、
以前、ブエノスの街を走っていたら、バイクに乗った二人組に突き飛ばされ
転倒し自転車を奪われたそうだ。

やはりブエノスの街は危険だ。


000009.jpg
歯医者は普通のビルの中。
かなりわかりにくい。



もう一つ、大事なことが!
000010.jpg
アルゼンチンは経済がかなり崩壊気味にある。
アルゼンチン・ペソは公定レートと闇レートにかなりのひらきがあるのだ。

これは、以前走ったイランでも同じ状況があった。

2013年11月の時点で
公定レート(政府公認)1USドル=6ペソくらい
しかし
闇レート(その辺のおじさんが交換してくれる)1USドル=9.5ペソくらい

こんなに開きがある。
つまり、20ペソのご飯が、
公定レートなら3USドル(300円くらい)なのに、
闇レートなら2ドル(200円くらい)で食えるのだ。


この現象は、それだけアルゼンチンの通貨ペソに信用がない証拠。
アルゼンチンでは数年前にも経済危機があり、銀行が閉まったしまったことがある。

だから、アルゼンチン人は不安定なアルゼンチン・ペソより、
安定したUSドルを蓄えたがるのだ。
アルゼンチンに住む友人の話では5年前は1USドル=3ペソだったらしい。
しかも、それでも仕事でもらえる給料などの値段はほとんど変化がないのだとか。

闇両替は一応違法らしいですが、みんな観光地の大通りで
「カンビオー。カンビオー(両替)」って低い声で声張ってます。
特に危ないということはないです。

000011.jpg
そして、本題。
上の写真2つはアルゼンチンのお隣 ウルグアイ。
ブエノスからは船で往復2000円ほど。

なにしに来たかと言うと。

USドルをATMでおろしにきた。

僕はヨーロッパから渡る時ユーロしか持ってこなかったのだ。
南米ではユーロは弱い。両替でもかなりレートは低い。
また、ブエノスでATMからペソをおろすと公定レート(1ドル=6ペソ)で出てきてしまう。
これはかなりの損だ。

よって、旅行者は隣国ウルグアイに観光も兼ねてUSドルをおろしに来るのだ。
(南米のチリ・アルゼンチン以外の国では観光地では比較的ATMでUSドルをおろせる)


この先、アルゼンチン滞在もながくなるので多めに100ドルをおろしてきた。
(小額紙幣10ドル・20ドルも両替の時かなりレートが悪い。)


00000.png
さーて、南米の旅をする準備を整え向かった先は

チリとの国境ちかく、メンドーサ。

000012.jpg
ブエノス→メンドーサ間はあまり面白そうでなかったので
バスでの移動。
(約15時間・バス代約6000円・自転車500円)

000013.jpg
翌日、カラカラに乾いた荒野の街 メンドーサ到着。
それにしても、一晩でバス代6000円ってかなり高くなった。
中東では考えられない値段だ。。。


000014.jpg
ここでもやっぱり 牛テーキ。


000015.jpg
さあ、まずは南米最初の関門!
アンデス山脈越えに挑みますか!!

めざすは3000mの峠を越えてチリ入国だ。

Appendix

プロフィール

遠藤 隼

Author:遠藤 隼
富士山の麓で子どもキャンプとエコツアーガイドとして活動。
自転車を使って『エコ』な旅をします。
プロフィールの詳細
日本環境教育フォーラム
紹介記事



☆2012年8月7日より 横断中☆

<下野新聞コラム>
ユーラシア横断自転車旅日記


<ネット中継授業>
栃木の小学生と世界を結ぶ


お問い合わせは
【0412jun●gmail.com】 
●を@へ変更してください。

旅のルート

応援をしてくださる企業

SOTO

montbell

olympus

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。